わかまつ退屈日記。[水上の格闘技編]

 

若松には、水上の格闘技場が存在します。
この夏(2018年8月3日現在)、この平成最後の夏休みに、若松には無くなってしまった映画館になろうとしている場所があります。

 

普段は、大人が熱狂する。

 

水上をものすごい勢いで走りぬけ、みんなが順位を気にして、見守る。
順位がでたら、喜ぶ人、悲しむ人、時には怒る人。

 

そんな水上の格闘技場。

 

 

そう。
若松ボートレース場です。

 

 

もちろん。
チャレンジしてみました。
一応、大人ですからね。
当たったら嬉しいし。

 

選んだ数字は僕の誕生日。
平成2年、56日。

 

そう。
256

 

ほら、
自分の関係する数字で当たったら普通に予想してるより嬉しいじゃないですか。

 

 

ボートレースのスタート前は、横一線に並ぶわけじゃないんですね。

 

 

練習かと思ったらいつのまにかスタートしていた。
どこがスタートラインだったんだろう?
スタートラインではないのかな?

 

 

ゴールのタイミングもあまりよく分からず。
いつの間にか周りの人たちがいなくなり、電光掲示板に順位が出ている。

 

結果、よくわからない間に始まって、よくわからない間に終わったけど、
僕の買ったチケットはただの紙切れになりました。

 

終わってから気付いたのですが、入場してすぐの大きなスクリーンがある広場に初心者の方向けのブースがある!!
ここで色々聞いてから買ってみればよかった。

 

これからボートレース初体験の方は、到着したらまず初心者ブースへ!!