まちやど recoya

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

若松で暮らすように泊まる "まちやどrecoya"

“まちやどrecoya”のある北九州市若松区は、明治から昭和初期にかけて、筑豊の石炭を全国に積み出す港として隆盛を極めた街。戦災を免れたため、今も海岸沿いには往時の繁栄を偲ばせるレトロな洋風建築が点在する。また、戸畑区と若松区を結ぶ若戸大橋や若戸渡船、海水浴が可能な綺麗な海、豊かな自然もある。

新幹線駅である小倉から車で15分程の好立地。内装は2017年5月に行われたワークショップの参加者の手によって壁紙、塗装、漆喰、床のクッションフロアなどが仕上げられた。若松に暮らすように泊まる”まちやど”を拠点に北九州の旅の拠点にいかがでしょうか?

まちやど recoya Gallery

“まちやどrecoya”に関するお問い合わせは、下記「Go to ワカマツグラシ」のボタンから運営会社”ワカマツグラシ+Partners.”のWebサイトへ飛ぶことができます。