ぼくの都RPG [05.京都の海に行ってきたよ 編]

こんにちは。 関目 峻行(@shirokumahut)です。


みなさんはおぼん休みをいかがお過ごしでしょうか?
お盆には海に行ってはいけないという教えがありますが、お盆は13日から15日だと思っているので、ぎりぎりセーフな12日に京都を北上して日本海を見てきました。
というわけで、今回は「05.京都の海に行ってきたよ 編」です。

———–

福岡県から京都にお友達が遊びに来ていたので、せっかくなら少し遠いところに足を伸ばそうよということで、京都の北の方へ出かけてみました。

高速に乗って北へ北へ。

北へ北へ。

うわ、渋滞!!!

そうだった、お盆前だった。

お盆前という時期に向かう場所じゃなかったのか?
そんな話をしながらゆっくりゆっくり前に進む車の列。

しばらく経つと徐々に早くなりはじめる車のスピード。

やった!
渋滞終わった!!

「この感じなら1回休憩しても良いかもね!」

この選択が失敗だった。
京丹波PA。
パーキングエリアに入った途端にたくさんの赤い光が飛び込んでくる。

みんな同じこと考えていた。
車を停めるために駐車場をぐるぐるぐるぐる。

やっとの思いで車を停めた僕は、サクッとトイレを済ませ、お昼ご飯とキュウリ、それからお茶を買って車に戻り出発した。

僕、キュウリ好きなんです。
暑いから冷えたキュウリが食べたくなって、つい、ね。

もちろん、キュウリは車のカップホルダーに設置してエアコンの冷たい風で冷やしましたよ。

その後も度々渋滞に巻き込まれながらもようやく宮津天橋立ICを出て、伊根の舟屋を目指す。

しばらく一般道を進むと分岐している道へ。

右が正解の伊根の舟屋方面への道。
左は天橋立方面への道。

僕たちは、ここでも選択を間違えた。
というより、選択する間もなく天橋立方面への道を進んでしまった。

そして間もなく見えてくる赤い光。

そうです。
渋滞です。

それはそうですよね。
片側1車線の道、満車の駐車場、そして観光スポット「天橋立」

長い時間をかけてようやく「天橋立」エリアを抜けると、ようやく快適なドライブが始まった。

水面がとても近い川、進行方向右手に広がるとても穏やかな綺麗な青色の空と海。
その青色に映える緑々しい山々。

そんな景色が広がる旅に反応する車内。

お待たせしました。
ようやく到着しました。
伊根の舟屋。

「遊覧船があるんだね。」

「車停められないね。」

「遊覧船混んでるね。」

「ここは後にしてもう少し先に進もう。」

「うわー、ここすげー!!」

「コインパーキングある! ここに停めよう!」

まずはさっき見つけた風景を見に行く。

さっきの遊覧船の方に歩いてみよう。

「あと5分くらいで次の遊覧船出るらしい。」

「乗ろう!」

「さっき遊覧船から見えた赤い灯台の方に行ってみよう!」

「高台から見たらすごい景色が見られるかも?」

大満足。

このエリア、海の風景が綺麗なだけじゃないんです。
街並みもとっても綺麗なんです。

ここで暮らす人々の生活感も含めて綺麗な場所なんです。

建物と建物の隙間から見える青い海。

家の前で建具の掃除をしている人。

移動販売車に買い物をしに来ている人たち。

家の前の海で浮き輪に乗ってぷかぷかと浮かんでいる子どもたち。

シュノーケルをつけて泳いでいる子どもたち。

立ち話をしている地域の人たち。

なんかもう、豊かだな。

京都にお越しの際は、1日使って京都の北のエリアの京丹後まで足を伸ばしてみることをおすすめします。

あ!
キュウリは、エアコンの冷たい風でキンキン冷やしてから、帰りの渋滞中にとっても美味しくいただきましたよ。

shirokuma design hut. 関目